[戻る][最下部へ移動]
1. モンゴル人力士の光と影  投稿者:おがさく 投稿日:2016/10/10(Mon) 18:22 ID:8/4.DQbc No.5116

中京テレビのモンゴル人ディレクターのオユウンチメグ・ホンゴルズル(愛称ゾーラ)さんが、元旭天山の佐野武(帰化前は、バトムンフ・エンフバト)さんと大横綱の白鵬にインタビューをした。旭天山は、1992年の平成4年の若貴ブーム全盛期に、後の人気力士となる旭鷲山と旭天鵬と共に5人で来日し、大島部屋に入門した。しかし、日本の厳しい相撲生活に耐え切らず、旭天山以外の力士は、極秘脱走しましたが、彼と当時の先代親方の旭国の太田武雄さんが説得を重ね、旭鷲山と旭天鵬は、一緒にがんぼろうと残りました。それで、一時期、外国人力士の入門は自粛されましたが、1999年平成11年に、外国人力士の受け入れが再会したのを機に、朝青龍、白鵬、日馬富士、鶴竜の4横綱と照ノ富士の1大関の他沢山のモンゴル関取が生まれました。ゾーラさんは、白鵬と元旭天山にインタビューをし、そこから見出したことは、日本で、成功して親を楽にさせてあげたいという思いだった。


2. 白鵬について  おがさく - 2016/10/10(Mon) 18:28 ID:8/4.DQbc No.5117
白鵬は、駄目だしや猫だましで、観客からのブーイングを浴びたが、やはり入門当初は小兵だったので、小兵力士の研究をしていたという。それだけでなく、横綱は勝てなくなったら終わりだという宿命、優勝37回で一代年寄の親方になるためには、日本人に帰化しなければならないということに、祖国モンゴルの国籍を手放すことへの葛藤もあり、帰化するかどうかは引退するその日まで考えさせてくれということだった。


3. 旭天山について  おがさく - 2016/10/10(Mon) 18:31 ID:8/4.DQbc No.5118
もしも旭天山が、旭鷲山と旭天鵬を連れ戻さなかったら、今のようなモンゴル人関取の全盛期はなかっただろう。番組のエンディングでは、5月場所の白鵬の37回目の優勝を見守る彼の姿があった。


おなまえ  *必須
Eメール  *省略可
タイトル  *必須
コメント  *手動で改行 
URL
添付File
[ GIF, JPEG, MIDI ](最大100KB)
暗号キー (英数字で8文字以内 削除・修正時に使用)
文字色  [ - 管理人専用 ]
  
・画像は管理者が許可するまで「COMING SOON」のアイコンが表示されます。